正藍冷染 がま口財布【丸形・大】

正藍冷染(しょうあいひやしぞめ)は、日本最古の染色技法で、栗原市栗駒文字の千葉家がその技法を伝承しています。
種から藍を育て、藍玉をつくり、藍だてをし、麻布を染める一貫作業を千葉家では完全に保持しています。
特に藍だては、自然の温度で発酵させるのが特徴です。昭和30年、千葉あやの(故人)の代に国の重要無形文化財(人間国宝)の指定を受け、その後は、娘の千葉よしの(故人)が技法を受け継ぎ、現在は嫁の千葉まつ江がこの貴重な技法を守り継いでいます。現在は、宮城県重要無形文化財に指定されています。
農業を営みながら、千葉家の女性達が代々、その技を受け継いできたものです。
※文化財では、「正藍染」の名称で指定されています。
※「正藍冷染(しょうあいひやしぞめ)」は登録商標です。

この商品は型染めにより藍染めした布で作ったがま口財布です。
型染の防染に使用する「糊(のり)」も自家で作り、代々伝えられた型紙により伝統的な文様により染め上げています。

すべての柄が1点ものです。

【素材】
①…綿100%
②…綿100%
③…表:麻100% 裏:綿100%
④…表:麻100% 裏:綿100%
⑤…表:麻100% 裏:綿100%

【サイズ】
約10cm×約12cm
※文様(柄)に応じて、また手作業であるため、ガマ口財布の大きさが商品によって若干異なります。あらかじめご了承願います。

【価格】
2,800円(消費税、送料を含む)

【柄(文様)】
・5種類(①~⑤)

【注意事項】
・この商品は色落ちすることがありますので、他の物とは一緒に洗わないでください。
・実際の商品と掲載写真の色と印象が異なる場合があります。なるべく目視に近い色の再現を心掛けていますが、明るさや閲覧環境が影響するのでご容赦をお願いいたします。

【製造者】
千葉まつ江

【特徴】
宮城県栗原市文字地区の千葉家に伝わる「正藍冷染(しょうあいひやしぞめ)」は、現存する日本最古の染色技法で、藍を栽培し、自然発酵させて染色を行う草木染めの一種。
三代目伝承者の千葉まつ江さん(87歳)が、今なお手作業ですべての工程を手がけており、加温することなく自然のままで発行を促すため、染色は初夏のごくわずかな期間。型染に使用する糊も自家で作り、代々伝えられた型紙により伝統的な文様。
自家で一環の作業を行う少量生産の貴重な染物。

¥ 2,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

ショップの評価